営業マンの大切な業務時間を短縮できる営業日程の管理について

メンズ

電話の代行サービスを利用

通話する人

企業の人件費削減に電話代行サービスが利用されています。コールセンターでの業務はほとんど代わりに行えるので、新たなスタッフ教育のコストがかからないことにより、人気を集めているわけです。また起業した人も便利に利用できます。

View Detail

顧客総合管理も可能になる

女の人

電子化のメリット

営業マンにとって営業日報は毎日のルーティンワークにもなっています。一般的に紙媒体に日誌を書き、上長に提出し本日の行動を評価してもらいフィードバックしてもらうことが目的となります。効率的な営業を学ぶために一日の行動を振り返るために必要なのです。しかし最近の営業日報は電子化されています。パソコンやタブレットを用いて所定のソフトを利用して入力することが多くなっています。作業が楽になるだけでなくもう一つの利点があります。それは顧客カルテになります。いつどのような目的で訪問したのかが時系列で呼び出すことができるのです。そのためしばらく訪問していないクライアントのピックアップなどもすることができるのです。

利便性を向上する工夫

営業日報の電子化によって、クライアント管理を電子化することになります。そのため本日の予定などもスケジュール化することが可能になります。売り上げ情報などを連動させることで売上管理も同時に行う事ができるのです。また請求管理なども連動させることで顧客総合管理システムに連動させるメリットもあります。しかし営業する際に目的などを単に文字だけで入力するのでは後々の使い勝手が悪くなる可能性もあります。そのため日報は詳細なカラムに分割してキーワード検索などを利用できるようにしておくことが利便性を向上する秘訣になります。営業日報のデータから新規営業の推移や受注までの経緯などを一覧化させることができ、新人教育や共有に利用することもできるのです。

電話業務に関することは

オペレーター

コールセンターでは毎日顧客からの電話を受け付けていることもあり、電話をオペレーターに的確に割り振るシステムが重要になってきます。まずは会社から資料を取り寄せるなど、システムについて調べることも大切です。

View Detail

情報を会社の資源にする

名刺

名刺管理ソフトを導入すると、持ち帰った名刺を効率的に管理できます。名刺の顧客情報は企業にとって重要な資源なので、名刺管理ソフトの人気が高いのは必然です。そして、クラウドタイプの名刺管理ソフトを導入すれば、各自のパソコンでも情報入力できる利点があります。

View Detail